絵と作文で地球社会の一員としての思い 舞鶴ユネスコ協会が小中学生を表彰【舞鶴】

絵と作文で地球社会の一員としての思い 舞鶴ユネスコ協会が小中学生を表彰【舞鶴】

投稿日時:2006年1月24日

0601242
写真=古森会長から作文で協会賞を受ける新舞鶴小・小谷さん

舞鶴ユネスコ協会(古森輝彦会長)の第6回「絵で伝えよう!わたしの町のたからもの」絵画展と第7回「地球社会に生きる」小中学生作文の表彰式が1月21日、浜の東公民館であった。小中学生らが桜や田園風景などを絵にしたり、環境問題や命の大切さをみつめる作文を書いた。地域のよさを絵にしてもらおうと、作品の応募を呼びかけ、市内の小・中18校から83点が寄せられた。作品は昨年10月~11月、西駅交流センターなどで展示。作文は自分の生活を通し世界で起こっている問題を考えてもらおうと企画、市内8校から74編の応募があった。表彰式では絵画の特別賞8人、作文の舞鶴ユネスコ協会賞2人に賞状が贈られた。古森会長は「地球社会の一員としての思いを絵と作文で素直に表現できていた」と述べた。受賞者は次の皆さん。
 【絵画】市長賞=真下拓己▽教育長賞=岩崎真依▽小学校校長会賞=本谷萌▽中学校校長会賞=佐藤知佳▽日本ユネスコ協会連盟会長賞=前田夏花▽あいおい損保社長賞=川端光露▽京都府ユネスコ協会連盟賞=奥村結▽舞鶴ユネスコ協会賞=上田麻美子▽優秀賞=村上舞、石谷菜奈加、岡田裕樹、瀬野壮哉、福田愛、芦田和香奈、上野純、永野絢美▽優良賞=田村花、大塚修平、赤井理紗、永野沙佳、豊田将大、木船星、新井泰湖、砂口真衣、野本彩、川北優、網谷夏々生、小嶋紗綾、佐藤彩那、野田彩音、下西雄貴
 【作文】舞鶴ユネスコ協会賞=小谷友里、岩崎真依▽優秀賞=小林陽平、竹田博貴、仲井理沙子、市村英未▽優良賞=松本紗依、柘唯香、冨田栞里、郷田真由、田中すみれ、野本彩、弓削舜希、南亜里、岩崎綾美