カナダからの短期留学生ら日本文化体験 日星高生の自宅にホームステイ  【舞鶴】

カナダからの短期留学生ら日本文化体験 日星高生の自宅にホームステイ 【舞鶴】

投稿日時:2006年2月21日

0602214

写真=日星高の生徒(右)に教わりながら書道に取り組む留学生

舞鶴市上安久の日星高校(北村司郎校長)に、カナダの姉妹校であるアーチビショップ・カーニー高校の生徒15人が2月14日から短期留学している。日星高の生徒の自宅にホームステイしながら、同高で書道や料理などに挑戦し日本文化を体験している。日星高はカナダのセント・パトリック高校など3高と姉妹校の提携を結び、互いに2週間ほどの短期留学生を交換したり、日星高から1年間の長期留学するなど交流する。昨年はパトリック高が来鶴し、今回はカーニー高から日本の2、3年生にあたる男子7人、女子8人、教師の2人が訪れた。同15日には日星高で歓迎会が開かれた。書道の時間では、「衣里区(エリック)」「射運(シャーウン)」などのように、自分の名前を日本の生徒から漢字で当て字にしたものを習い、手本を見ながら筆で書いた。また、その漢字の意味を教諭から教わった。滞在先家族に、好きな日本語を色紙に書いてプレゼントする。26日に帰国する。「臚辞」と名前を書いたロージー・ジェイコブスさん(17)は「書道はうまくできた。日星高の生徒たちはとてもやさしく、よく英語で話しかけてくれる」と話していた。日星高進学コース1年生の9人が3月16日~4月1日、パトリック高校に留学する。