「図書リサイクルフェア」市民に大反響

「図書リサイクルフェア」市民に大反響

投稿日時:2018年11月13日

9c23b356442bfd570750d2b2d9438525-e1542334927127
西図書館にも多くの市民が訪れた

 図書館で役目を終えた本や雑誌を無償で提供する「図書リサイクルフェア」が8日から3日間、西図書館と加佐分室で行われた。親子連れなど多くの市民が訪れ、思い思いの本を探し持ち帰った。
 保存期間が過ぎ除籍された本や文庫、雑誌などを提供し市民に楽しんでもらうことで、本の寿命をのばそうと企画。前回は3年前で、今年、本の在庫が一定量溜まったので実施した。
 個人は5冊まで。団体は100冊まで持ち帰ることができる。
 西図書館は約4400冊を提供。9日は団体向けの提供で、市内の児童クラブや幼稚園、福祉施設などが持ち帰った。
 10日は、個人向けに提供。予定時間の午前10時半前には多くの市民が列をなしていたため、予定を早めて開催。お目当ての図書を探そうと、会場は多くの市民で賑わっていた。
 図書はハードカバーや文庫、雑誌、絵本など様々。特に児童書は大人気で、子どもたちが熱心に吟味しながら5冊に絞っていた。
 大人たちには料理や農業、DIY、登山など趣味の雑誌が人気だった。
 親子で訪れた佐藤翠南さん(8)は「ほしかった本が見つかってうれしい」と満足そうだった。