5月から来年3月にかけ連続講座6回 「ミュージアム・カレッジ」の受講者募る【舞鶴のニュース】

5月から来年3月にかけ連続講座6回 「ミュージアム・カレッジ」の受講者募る【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年4月5日

0204052

舞鶴の近代化遺産である赤れんがの魅力を広く知ってもらおうと、赤れんが博物館は5月から来年3月にかけて、連続講座「ミュージアム・カレッジ」を開催する。6回にわたって博物館について系統的に講義するほか、市内の赤れんが建造物の見学も予定している。受講者を募っている。
 講座は昨年=写真=に引き続いて2回目となる。第1回は「博物館へのお誘い」(5月25日)、第2回「舞鶴市内のれんが建造物見学会」(7月6日)、第3回「近隣市町村のれんが建造物見学会」(9月14日)、第4回「れんが学入門」(12月21日)、第5回「れんがとまちづくり」(来年1月25日)、第6回「これからのまちづくりと博物館」(3月22日)。
 時間は第3回を除いていずれも午前10時~同11時半。講義会場は総合文化会館会議室(第1回のみ市商工観光センター)。講師は北海道浅井学園大学生涯学習システム学部教授で、同博物館顧問の水野信太郎さん。
 定員は20人(先着順)。応募資格は市内、または近隣市町に住んでいる人で、毎回受講できる人。参加は無料。申し込みは同博物館(電話66・1095、FAX64・5123)へ。