東日本大震災 被災者支援へチャリティーバザー 西舞鶴高生徒会 手作りケーキやポストカード販売 吹奏楽部の定期演奏会前に義援金も募る【舞鶴】

東日本大震災 被災者支援へチャリティーバザー 西舞鶴高生徒会 手作りケーキやポストカード販売 吹奏楽部の定期演奏会前に義援金も募る【舞鶴】

投稿日時:2011年3月22日

1103221
写真=義援金を募る生徒たち

東日本大震災の被災者を支援しようと、西舞鶴高校生徒会は3月20日、北田辺の市民会館で、チャリティーバザーを開いた。生徒たちが部活動で作ったケーキやポストカードなどを販売したほか、義援金の募金活動も行った。  生徒会では、これまでハイチ地震の被災者支援にチャリティーバザーを開催しており、東日本大震災の支援に立ち上がった。この日、市民会館では同校吹奏楽部の定期演奏会が開かれ、この開演前に生徒会役員ら約70人が取り組んだ。  生徒会役員が会場入口で、震災を伝える新聞を掲示した看板を立て、義援金を募った。また、料理部はシフォンケーキやカップケーキ、美術部、書道部、文芸部はポストカードやメッセージカード、しおりなどを販売。囲碁将棋部は来場者と対局して義援金を募った。  生徒会長の2年、安原隆一郎君(17)は「少しでも力になれればと思う。義援金は不足している生活物資などに役立てばうれしい。また、被災して来年受験を控えている高校生には、勉強を頑張ってほしい」とエールを送っていた。  生徒会では、寄せられた義援金とバザーの売上金を日本赤十字社を通じて被災地に送る。