三角おにぎり作りに小学3・4年生挑む 森民協が「夏休み料理教室」【舞鶴のニュース】

三角おにぎり作りに小学3・4年生挑む 森民協が「夏休み料理教室」【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年8月1日

0308012

森民生児童委員協議会(牧孝雄会長)主催の「夏休み料理教室」が、7月29日、舞鶴市森の南公民館であり、子供たちが三角おにぎり作りなどに挑んだ=写真。
 夏休み中の子供たちに、食事の準備や後片付けなどの手伝いを出来るようにと、同民協が子育て支援の一環として初めて開催した。森地区の小学3、4年生37人が参加、カボチャとワカメのみそ汁、デザートのミルクゼリー、シバエビや枝豆を炊き込んだご飯でおにぎりを作った。
 エプロンを付け、三角布を頭に被った子供たちは、慣れない手つきで包丁を使って材料を刻んだほか、ご飯をラップに包んでおにぎりを作った後、一緒に賞味した。倉梯小3年の北浦奈央子さん(8)は「みんなと一緒におにぎりを作って、楽しかった」と話していた。