【あの店 この店】一風変わった魚屋さん「サカナテラス」

投稿日時:2020年10月2日

ec87f0fdcedf32a0b5f52164003ebdef-e1602218860854
店内で笑顔を見せる上林さん
9c9f84121938ffc20506694e7afd1996-e1602218872759
『サカナテラス』上安久140-3

 飲食店はまちの顔。特徴ある多彩なお店が多い町は、魅力にあふれている。しかし、全国各地で今、かつてない苦境に立たされている飲食店。当地でも影響を受けている店舗は少なくない。
 そんな中、地元を巡り、地域の良さを再発見する「マイクロツーリズム」が脚光を浴びている。当地にも数多くある魅力的なお店を、この機会に巡ってみてはいかがだろうか。
 本紙では今後、地元でキラリと光るお店を紹介していく。



*     *     *     *



 今回の“あの店この店”は、西舞鶴地区のゴハンも食べられる魚屋さんとして人気の「サカナテラス」。
 漁師小屋の姉妹店として昨年11月にオープンしたばかりの同店。
 煮魚、焼き魚、手づくりハンバーグやフライなど、自分好みで多彩な惣菜を選べるのが魅力。好きなものを少しずつトレーにのせる。店内には、店主の上林大基さん(32)自らが舞鶴港のセリへ出向き、直接仕入れた選りすぐりの新鮮魚介がずらりと並ぶ。
 『声をかけてもらえれば、調理します』と上林さん。店内に並ぶ鮮魚は無料で三枚おろしやお造り用の皮むきを受け付けている(※別途調理代でお造り、塩焼き、煮付け、唐揚げなどに仕上げてもらえる)。調理してもらった料理は店内でも食べられるが、持ち帰りも人気だという。
 上林さんは、『魚のまち舞鶴だからこそ普通では見かけないような魚を楽しむ事ができる。魚離れが進んでいる今だからこそ魅力的な商品を数多く提供していきたい』と力を込めた。日によっては、100円のお造りが並ぶことも。とっておきの一品を探しに出かけてみてはいかがだろうか。
 【営業時間】9時半~20時▽火曜定休▽TEL:0773・68・9771