【あの店 この店】ラーメン/コーヒー 「森のこびと」

投稿日時:2020年9月11日

6c8565d45dcf53468bf8698329f1b14f-e1601004527315
厨房で笑顔を見せる永井さん夫妻
8fa6eb2193548cdc017f6ad514bcdb6b-e1601004574796
『森のこびと』田中町22-1(業務スーパー田中店の隣)

 今回の“あの店この店”は、東舞鶴地区で変わり種のおもしろいラーメンが楽しめる「森のこびと」。
 昭和59年開業で、毎朝4時から仕込みをするという店主の永井宏さん(79)小夜子さん(76)夫妻が二人三脚で切り盛りしている。
 40年近くにわたり当地に店を構える同店の特徴は、店主の永井さんが次々に生み出す一風変わった豊富なメニューだ。2月には、ご当地餃子「万願寺とうがらし餃子」の販売を開始し、軌道に乗りかけた矢先でコロナ禍に見舞われた。その影響はリーマンショックを上回る落ち込みだと肩を落とす。しかし一方で、「お客さんが驚いたり楽しんでくれるのが嬉しくて」と笑顔を見せる永井さんは、「また新しいメニューを考案中です」と前を向く。
 ランチタイムの強い味方ラーメンライスは驚きの550円。さらにサラダも食べ放題。自家製角煮がドッカリ乗った角煮ラーメンや店主こだわりの甘口チャーハンは、やみつきになるともっぱらの評判だ。また、バターが香る牡蠣の味噌ラーメンや地元の誇る季節の食材・万願寺甘とうを使ったチャーハンやラーメンも。
 【営業時間】10時半~23時(LO22時半)▽水曜定休▽【お問い合わせ】TEL:0773・64・4625