若手保安官が奮闘

若手保安官が奮闘

投稿日時:2019年6月18日

e5a2a7c6a2eb4624a93e9430b4e8fc44
水上オートバイに積んでいる法定備品について質問する保安官

 海上保安部の若手保安官が日ごろ鍛えている捜査能力を競う「捜査技能審査会」が13日、舞鶴港湾合同庁舎で行われた。現場勤務8年未満の保安官たちが、捜査技能を競った。
 平成23年から船内の捜査などを競う「立入検査競技会」を実施していたが、より実践的な事案に対処できるようにと、初動捜査や証拠収集の技術を競う「捜査技能審査会」に代わり行われている。
 舞鶴、敦賀、境、浜田の各保安部に所属する若手職員12人が参加。1チーム3人で班編成され、現場勤務5年以上8年未満の保安官を班長役として、現場勤務5年未満の保安官が撮影役と記録役に分かれて審査に臨んだ。
 審査は、海水浴場で水上オートバイを乱暴に運転しているとの通報が入り、保安官が運転者に話を聞き捜査をするとの想定で行われた。
 会議室にブルーシートの海やスクリーンに映る海などのセットが組まれ、本部職員が扮する運転手役に声をかけ事情を聴取。救命胴衣や信号紅炎などの法定備品や法定書類、免許証の確認などを本部と連絡を取りながら行った。
 捜査をしていると、運転手役の仲間3人が現場に登場。3人対4人の劣勢となり捜査は難航。時間が経つにつれ、仲間たちが苛立ち現場が混乱するなか、水上オートバイの所有者が運転手ではなく仲間の1人であったことや、免許証の有効期限が切れていることなどが判明。現行犯逮捕となった。
 舞鶴海上保安部チームで班長役を務めた上野洸平さん(27)は「途中、人数が増えるなど想定外の事があり流れがおかしくなった。現場でもそういったことはあるので、とても勉強になった」と話していた。