野菜の苗販売 地域住民らにぎわい

野菜の苗販売 地域住民らにぎわい

投稿日時:2019年5月14日

caff5f3219f14865757bf1ed051ca55c-e1558057569664
訪れた市民に元気よく声をかける生徒たち

 舞鶴支援学校による野菜の苗販売会がこのほど、同校広場で行われ、地元住民など多くの市民が訪れた。
 平成17年から始まり、毎年春と夏の年2回開催。今年で15年、29回目となる。地元では恒例の行事として定着し、住民らの楽しみになっている。
 販売されたのは、万願寺トウガラシやピーマン、トマト、キュウリなど11種類、約3500本の苗が販売ブースに並び、高等部46人が接客などで来場者に対応していた。
 販売が始まると、「いらっしゃいませー」と生徒たちの呼び込みの声が響き、訪れた人は苗を入れるケースを片手にそれぞれ目当てのブースへ足を運んでいた。
 目当ての苗をさっそくケースに入れる人や、じっくり1つずつ選ぶ人など販売場は大にぎわいだった。また、生徒によるお茶サービスコーナーも設けられ、買い物後のひと時を楽しんでいた。
 ナスやオクラなどの苗を購入していた60代の女性は「初めて来たが、みんな声をかけ合い元気いっぱい接客していました。一生懸命育てたい」と話していた。
 万願寺トウガラシのブースで販売を担当した高等部2年の梅川悠快[ゆかい]さん(16)は「多くのお客様に買って頂きうれしかった。接客もきちんと出来てよかった。立派に育ててほしい」と話していた。