新たな躍進に期待 舞鶴市老人クラブ連合会

新たな躍進に期待 舞鶴市老人クラブ連合会

投稿日時:2017年5月30日

b3a43d11da08c13bdba8ae6dd4d5e3ef-e1497254959639
各地区のクラブ会長が参加した
eb319d291a46ac9d35775e87b1abeddc-e1497254868845
表彰された会員ら

19日、舞鶴市老人クラブ連合会による平成29年度総会が文庫山で開かれ、市内各地区の老人クラブの代表や関係者合わせて約70人が参加した。
 総会では内海志伸会長があいさつを述べ、近年の高齢化によるクラブ数の減少や、後継者不足などの問題を話し、同連合会を取り巻く厳しい環境について話した。
 会長表彰では長年に渡り連合会や地区のクラブに貢献してきた会員や、クラブ活動が優秀な団体や個人に表彰状が手渡された。※文末参照。
 その後、平成28年度の事業報告や一般会計決算、会計監査報告などについて話された。今年の役員、理事の報告では、昨年まで3人であった女性理事を倍に増やすなど、女性の力に期待する報告が述べられた。
 副会長である公文さんは「今、各地区のクラブ会長も女性が増えています。来月には女性リーダー養成のための研修会を行います。リーダーを育て女性のパワーを発揮させ、支え合い活動を充実していきたい」と思いを語る。
 内海会長は「ここ2、3年で会員の減少率が府内で1番になっている」と語る内海会長は現状に危機感を覚えている。
 舞老連のクラブ数は昨年に比べ20クラブが減少し、およそ600人の会員が減少している。役員らが高齢化により退いたあと、担い手がおらずクラブ無くなっているのが大きな要因の一つだ。地区内の60代や70代前半が、現役の仕事や町内の役員などで入会の余裕がないことや、人との付き合いを望まない人も多くなってきているという。
 由良川大洪水を起こした平成16年の台風23号や、東日本大震災では、災害を経て地区のクラブの団結力が増したと話す。地区内での仲間づくり、連帯、支え合いが重要だと市民が気付いたのだ。しかし、今その団結力は薄れてきている。
「災害では、地域の連携や支え合いが大切になってきます。入会に抵抗のある方もおられますが、気軽に入って欲しい」と思いを話した。