NPO法人 大野辺緑地で コスモスの花咲かせよう 6月4日、作業スタート ボランティア募る【舞鶴】

NPO法人 大野辺緑地で コスモスの花咲かせよう 6月4日、作業スタート ボランティア募る【舞鶴】

投稿日時:2011年6月7日

1106072
写真=土を起こす参加者たち

コスモスの花畑をつくろうと、NPO法人「花の懸け橋」(上山友康理事長)が6月4日、西港に面する舞鶴市下福井の大野辺緑地で土起こしなどの作業を開始した。秋には2万5000本の花を咲かせる。手伝ってくれるボランティアを募っている。  大野辺緑地を管理する府港湾事務所から管理委託を任され取り組むことになった。芝生が広がる緑地にあるニセアカシアや桜などの樹木などの世話もする。  花畑にするのは全長約300メートル、幅3メートルの土地。初日の6月4日は市民や法人スタッフの14人が、鍬などを手に芝生をはがし、土を起こした。その後、肥料を施し8月に種を蒔く。10月にコスモス祭を開く予定。  また、樹木の根本の3メートル四方の土地28区間をアート花壇にする。約200個の草花のポット苗を提供し、市民に思い思いの図柄になるよう植えてもらう。  土を起こす作業は6月11日~同13日の午前9時~正午も行う。軍手やスコップなど持参。

問い合わせは同法人(電話77・5887、上山さん)。