8月7・8日、赤煉瓦サマー・ジャズin舞鶴 倉庫群特設会場で14回目の夏の恒例イベント 【舞鶴】

8月7・8日、赤煉瓦サマー・ジャズin舞鶴 倉庫群特設会場で14回目の夏の恒例イベント 【舞鶴】

投稿日時:2004年7月2日

0407021

0407022

0407023

 舞鶴の夏の恒例イベントとなった「赤煉瓦サマー・ジャズin舞鶴2004」(舞鶴赤煉瓦ジャズ祭実行委員会主催)が、8月7、8日、北吸の赤煉瓦倉庫群特設会場で開かれる。7日は椎名豊スペシャルグループ、8日は18歳の天才ジャズピアニスト、松永貴志さんのトリオが出演する。NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴が、赤れんが建造物を使ったまちづくりとして、今年で14回目の開催となる。昨年からはジャズ祭のポスターデザインを公募し、今回は102点の応募作の中からさいたま市在住の短大教育助手の神尾枝里さんの作品が選ばれた。7日の1部は一般公募で優秀賞ユニットに選ばれたユキ ブラジル プロジェクト(大津市)が出演。2部に出演するピアノの椎名さんは1964年生まれ。95年にセカンドアルバムで、スイングジャーナル誌95ジャズ・ディスク大賞最優秀新人作品賞を受賞した。8日の1部は一般公募ユニットの石田ヒロキ&フレンズ(箕面市)が出演。2部の松永さんは1986年生まれ。セカンドアルバムが同誌ジャズ・ディスク大賞ニュー・スター賞を受賞した。ブルーノート・レーベル65年の歴史上、最年少のリーダー録音記録を作った。開演は午後7時。1日券は前売り3000円、2日通し券は5500円、当日は各500円増し。中学生以下は無料(保護者同伴)。チケットはJEUGIA東・西店などで販売中。
【問い合わせ】電話63・7710、事務局。

写真=公募で選ばれたポスターデザイン、7日に出演する椎名豊さん、8日に出演する松永貴志さん(左から)