7月31日と8月1日に「ちゃったまつり」 花火大会終了に合わせ電車・バス臨時便【舞鶴】

7月31日と8月1日に「ちゃったまつり」 花火大会終了に合わせ電車・バス臨時便【舞鶴】

投稿日時:2004年7月27日

0407271

舞鶴の夏の恒例行事となっている「第29回みなと舞鶴ちゃったまつり」(舞鶴市、舞鶴商工会議所など主催)が、7月31日、8月1日に市内で開かれる。前夜祭の民踊ながし、1日には5000発を打ち上げる花火大会がある。今年は花火終了時間に合わせ、JRと京都交通が東地区から西地区行きの電車とバスの臨時便を運行する。31日は午前10時と午後1時半から市民会館でかんでんファミリー劇場を開催。入場は無料で当日会場で受け付ける。前夜祭は午後6時から西地区のマナイ・平野屋商店街で、舞鶴音頭に合わせて民踊ながしと手作りみこしが披露される。昨年は約1600人が参加した。8月1日は午前8時から東地区の海岸で舞鶴市民ちゃったレガッタを開く。同9時~午後1時、浜のしおじプラザではリサイクル・フリーマーケットがある。花火大会は午後8時15分~同9時15分。企業や団体スポンサーの花火のほか、市民から寄せられた募金のよるみんなの花火を海上自衛隊教育隊から打ち上げる。主催者は自動車による交通の混雑を避けるため、公共交通機関の利用を呼びかけている。花火の終了時間に合わせ、JR東舞鶴駅から午後9時46分発の福知山行きの電車を1両増結して2両編成とする。また、同駅から同10時3分福知山行き(4両)と同10時10分発の西舞鶴行き(6両)を増発。京都交通では国道27号線経由西舞鶴行きの最終便(市場車庫午後9時30分ごろ発、大門三条は同9時34分発)を増便する。
【問い合わせ】電話62・4600、舞鶴商工会議所。

写真=ちゃったまつりをPRするポスター