6月5日、中総合会館で 学童疎開の体験語ろう【舞鶴】

6月5日、中総合会館で 学童疎開の体験語ろう【舞鶴】

投稿日時:2015年5月29日

学童疎開の体験を語る集い(同実行委員会主催)が、6月5日午後2時から余部下の中総合会館で開かれる。参加を呼びかけている。
 敵からの攻撃の被害を減らすため、親から離れて子供たちを地方に移動させる学童疎開は、1945年に全国12都市で実施された。舞鶴では同年4月から市内8つの国民学校の3年生以上の1331人が丹後の寺や旅館などに疎開した。子供たちは空腹や親に会えない寂しさの日々を過ごした。
 集いでは各国民学校出身の8人が「開墾と農作業」「空腹とのたたかい」などをテーマに話す。資料代300円。
【問い合わせ】電話62・5736、委員会