5月24日の舞鶴寄席を前に「安寿苑」で 舞鶴出身の遊喬さんと小学生2人が小咄 【舞鶴のニュース】

5月24日の舞鶴寄席を前に「安寿苑」で 舞鶴出身の遊喬さんと小学生2人が小咄 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年5月20日

0305203

5月24日に舞鶴寄席が開かれるのを前に、出演者の舞鶴出身の落語家、笑福亭遊喬さん(39)と小学生の2人が同17日、上安の特別養護老人ホーム「安寿苑」を慰問し、上方古典落語や小咄を披露した。
 遊喬さんは松喬氏の弟子となり、現在は多くの落語会に出演。また、新舞鶴小5年の田村樹希也君=愛宕中町=と同5年の美矢修佑君=溝尻=は、市文化事業団主催の落語講座で遊喬さんから指導を受けた。
 この日は小学生の2人が小咄、遊喬さんが「角力場風景」を演じお年寄りらを笑わせた。舞鶴寄席には遊喬さんほか、近隣出身の落語家が出演する。
写真=お年寄りの前で小咄を披露する新舞鶴小5年の美矢修佑君