5月24日「まいづる細川幽斎田辺城まつり」 心に響け!ときの太鼓!小芝居や御城下大行列【舞鶴】

5月24日「まいづる細川幽斎田辺城まつり」 心に響け!ときの太鼓!小芝居や御城下大行列【舞鶴】

投稿日時:2009年5月19日

0905191

第18回まいづる細川幽斎田辺城まつり(同実行委員会主催)が、5月24日午前9時から南田辺の舞鶴公園一帯で開かれる。今年は「心に響け!ときの太鼓!」をテーマに、町内太鼓連や和太鼓チームが競演するのをはじめ、西地区の城下町の歴史に彩られた多彩な催しが繰り広げられる。来場を呼びかけている。城下町の歴史の特性を活かしたイベントを通して、まちの活性化を目的に田辺城城門の再建をきっかけに始まった。舞鶴商工振興会など市民が中心になって実行委員会を組織し企画・運営する。慶長5(1600)年の関が原の戦いの2カ月前、福知山城主小野木率いる1万5000の兵が田辺に攻め入り、幽斎が500の兵で田辺城で籠城戦をした史実を元に、祭りを組み立てる。城門前で籠城戦を覚悟する小芝居が演じられ、寄進米みこしが出発して祭りがスタートする。正午からは和睦を勧める朝廷の使者が訪れたエピソードの古今伝授の小芝居、勝利を祝って市民らが扮する武者たちによる行列、町内対抗の綱引き大会などがある。また、城門前や公園内ステージなどでは、町内太鼓の練り込み競演、和太鼓チームの演奏、宮津の宮本神楽、和知太鼓の演奏、よさこいの踊りや南中ソーラン、侍戦隊シンケンジャーショー、西町芸屋台の子供語り部、物産店、チビッコ乗馬体験などもする。雨天の場合は一部のイベントを除き市民会館で行う。
【問い合わせ】電話75・0933、同振興会
 市内在住の在日韓国人で組織する民団舞鶴支部も、文化交流をしようと田辺城まつりに参加する。韓国の太鼓や鐘などを奏でる伝統芸能のサムルノリを演じる(城門前で午前11時半から)。武者行列にも加わる。在日韓国婦人会舞鶴支部の女性たちもキムチ、韓国海苔巻きのキンパ、チヂミなど韓国料理の模擬店を出す。雨天の場合は上安の舞鶴韓国人会館で午前10時から販売。