5月23日に「まいづる田辺城まつり」 武者行列や町内太鼓競演など多彩に【舞鶴】

5月23日に「まいづる田辺城まつり」 武者行列や町内太鼓競演など多彩に【舞鶴】

投稿日時:2004年5月14日

0405142

城下町・西舞鶴の伝統と文化の継承と町おこしを狙いとした恒例の「まいづる田辺城まつり」が5月23日、南田辺の舞鶴公園一帯で催される。勇壮な鎧武者や可愛いちびっ子武者の行列や町内太鼓の競演など多彩なイベントが繰り広げられる。舞鶴公園に城門が再建されたのを機に始まり、今回で13回目。舞鶴商工振興会や西自治連、城下町倶楽部などでつくる同実行委員会(松本昭司委員長)主催。午前9時半に城門前で、みつる幼稚園児のチアリーディング、よさこい舞鶴の踊りでオープニング。この後、城門が開門され、公園内で相愛保育園児の太鼓演奏に続いて、特設ステージで開会式典がある。明倫小学校マーチングバンドの演奏・演技、舞鶴つばさ連の阿波踊りに続いて、伊賀流忍者・黒党のショー、峰山和太鼓集団「飛龍天衆」の豪快な演奏、子供たちに人気の特捜戦隊デカレンジャーのショーがある。正午から城門前で、町内太鼓など15基が勢ぞろいする時の太鼓競演会。午後1時にメーン行事の武者行列が出発する。京都府警平安騎馬隊を先導に、鎧武者、ちびっ子武者に続いて町内太鼓、子供神輿の総勢約900人が市街地を練り歩く。この間、特設ステージでは、午前中のショーなどが再演されるほか、芸屋台で子供たちが語り部や踊りを披露する。このほか、近くの明倫小学校グラウンドで午前11時から正午、平安騎馬隊のちびっ子乗馬体験(4歳から小学生まで先着100人)がある。同実行委員会では、会場周辺に駐車場がないため、下福井の舞鶴公設市場とJR西舞鶴駅間に、午前9時から30分間隔でシャトルバスを初めて運行、多くの市民の来場を呼びかけている。