4月6日まで、テディベアなどの人形ズラリ 高岡さん(京月町)がコツコツ作り初作品展【舞鶴】

4月6日まで、テディベアなどの人形ズラリ 高岡さん(京月町)がコツコツ作り初作品展【舞鶴】

投稿日時:2008年4月1日

0804013

テディベアや人形づくりなどを楽しむ京月町の主婦、高岡加代子さん(63)の初めての作品展が、上安の喫茶店「ゆっくり茶房 森のとけい」2階で開かれている。フェルト羊毛や古布などの素材で作った犬やブローチ、洋菓子など様々な作品は、思わず手で触れたくなるような可愛らしさにあふれている。4月6日まで。  約20年前から作品づくりを始めた。本を見て自分で工夫しながら1針1針縫い、次第に題材にする範囲が広がっていった。素材もボアやモヘヤ、チリメンなどを使う。自宅でコツコツと作って楽しむことに留めていたので、人に見てもらう機会がなかった。  多くの作品の中から選んで展示した約180点は、ウエディングドレスを着たテディベア、可愛らしい表情の犬、エプロンシアター、ストラップ、キーホルダーなど多彩。高岡さんは「何でも作品にできないかと思って見ています。出来上がった時の充実感が楽しい」と話していた。午前10時~午後6時。火曜休み。
【問い合わせ】電話76・1153、同店。

写真=可愛らしい作品と作者の高岡さん(右)

【舞鶴】