32陣営が出席 少数激戦か 市議会議員選挙 立候補予定者事前説明会 11月9日告示、16日投開票 現職22、新人9、候補未定1【舞鶴】

32陣営が出席 少数激戦か 市議会議員選挙 立候補予定者事前説明会 11月9日告示、16日投開票 現職22、新人9、候補未定1【舞鶴】

投稿日時:2014年10月21日

1410211

任期満了に伴う舞鶴市議会議員選挙(11月9日告示、16日投開票)の立候補予定者事前説明会が10月16日、浜の総合文化会館小ホールであった。現職22、新人9、候補者未定1の32陣営が出席し、定数28を争う少数激戦の選挙戦が予想される。
 現職27人の内、市民フォーラムの浅野良一氏、鶴声クラブの梅原正昭氏、公明党の奥田保弘氏、無会派の高田堅一氏、輝進クラブの松宮洋一氏を除く22陣営が出席。党派別(公認)では自民党7人、共産党3人、公明党2人、無所属10人。
 新人9人の内、海上自衛隊出身者が3人、海上保安庁出身者1人が含まれる。党派別(同)では公明2人、共産1人、無所属5人、政治団体に公認申請中が1人。民主党関係者が出席したが、候補者は擁立できていない。
 前回2010年の市議選(定数28)には、現職21人、新人12人の33人が立候補した。
 説明会では各陣営の関係者たちが、市選挙管理委員会の事務局から立候補届出の関係書類を手渡され、選挙運動の注意点について説明を受けた。11月3日~7日に届出書類の事前審査が行なわれる。

写真=選管事務局から説明を聞く各陣営関係者たち