3月17日、ミュージックフェスで 和楽器ユニットデビュー 「賽CORO」民謡奏でる【舞鶴】

3月17日、ミュージックフェスで 和楽器ユニットデビュー 「賽CORO」民謡奏でる【舞鶴】

投稿日時:2013年3月12日

1303122

4つの異なる和楽器からなるユニット「賽CORO(サイコロ)」が、3月17日に浜の総合文化会館であるミュージックフェスティバルでデビューする。舞鶴小唄など民謡を奏でる。
 三味線と太鼓、大正琴、鉦の4人の演奏家で構成する。昨春に日印友好イベントで初共演したのを機に、同ユニットを結成した。メンバーは舞鶴在住の20~40代。
 三味線の芦田照美さんは「4つの楽器でどう転ぶかわからない。どんな目が出るか期待感を込めてサイコロと名づけました」、大正琴の田中美香子さんは「3人の演奏も気もよく合います」と話す。宮津節なども演奏する。演劇サークル「谺」メンバーらが協力し、舞台で踊る。
 フェスは午後1時半開演。日星高校BIG BANDや朝来小大正琴サークル、青葉中合唱部なども出演する。入場料500円、中学生以下無料。
【問い合わせ】電話64・0880、同館

写真=三味線や大正琴などを奏でるメンバーたち