2個人1団体に舞鶴ユネスコ協会賞 東高ウィンドアンサンブル部、高岡さん、藤原さん【舞鶴】

2個人1団体に舞鶴ユネスコ協会賞 東高ウィンドアンサンブル部、高岡さん、藤原さん【舞鶴】

投稿日時:2005年5月17日

0505171
0505172
0505173

舞鶴ユネスコ協会(福嶋正美会長)は5月14日、南田辺の西総合会館で、第20回舞鶴ユネスコ協会賞の表彰式を行った。教育賞には京月町の高岡伍郎さん(63)と東舞鶴高校ウィンドアンサンブル部、文化賞には浜の藤原美代子さん(80)が選ばれた。同協会賞は、教育や文化、体育の振興に務め、すぐれた業績をあげた市内の個人・団体を対象に顕彰する制度。1985年から続け、今年で20回を迎えた。高岡さんは与保呂スポーツ少年団が83年に発足した当初から責任者として、子供たちの健全育成に務めてきた。毎週放課後2回の練習と交流試合、夏休み中のレクリエーションや奉仕活動などに積極的に取り組んでいる。東高ウィンドアンサンブル部は昨年、京都府吹奏楽コンクールで初めて金賞を受賞し府代表に選ばれ、全日本高等学校吹奏楽大会では審査委員長賞を受賞。また、地域の学校や幼稚園を訪問しボランティア演奏も続けている。藤原さんは53年にクラシック音楽鑑賞会と貝谷バレエ団公演会を開き、市民に洋楽などを紹介。また、市内に初めてバレエ教室を開設、多くの子供たちに指導してきた。さらに、公民館講座で茶道と華道の指導を担当し、文化振興に務めている。

写真=左から教育賞の東高ウィンドアンサンブル部と高岡さん、文化賞の藤原さん