12月31日まで幻想的なライトアート 赤煉瓦倉庫群、年末イベントで師走彩る【舞鶴】

12月31日まで幻想的なライトアート 赤煉瓦倉庫群、年末イベントで師走彩る【舞鶴】

投稿日時:2005年12月27日

0512271

NPO法人・赤煉瓦倶楽部舞鶴と市は、北吸の赤煉瓦ロード付近で、12月23日からライトアートに取り組んでいる。赤煉瓦倉庫群を舞台にした年末イベントで師走を彩る。初日は大雪のため竹で作った光のドームなどは設置できなかったが、ロードに一直線に並ぶ赤や黄色の四面体の巨大なライトが、降り積もった雪を照らし、幻想的な雰囲気をつくりだしていた。倉庫内でライブや屋台も催される。同31日まで。同倶楽部が初めて企画し、京都工芸繊維大学やポリテクカレッジ京都などが協力している。文庫山学園の南側の3棟の倉庫に並行して設置されたアート作品は、巨大なローソクをイメージして、プラスチックの三角形の面を4個つないだ四面体に灯を入れている。入口には光のクリスマスツリーも置いた。2号倉庫ではライブ演奏(随時)のほか、光のイルミネーションを使った作品も展示されている。点灯時間は午後5時~同9時(31日は延長予定)。うどんやコーヒー、アルコールなどの屋台は30日、31日に営業予定。ライブ出演者も募っている。 【問い合わせ】電話62・6940、松井さん。

写真=赤煉瓦ロードに一直線に並んだ四面体の巨大なライトと赤煉瓦倉庫