12月21日、総文で 箏アンサンブル斗為巾 コンサート 箏の魅力に触れて ワークショップ参加者と【舞鶴】

12月21日、総文で 箏アンサンブル斗為巾 コンサート 箏の魅力に触れて ワークショップ参加者と【舞鶴】

投稿日時:2013年12月13日

1312132

 若い人たちに箏に触れ魅力を知ってもらおうと、箏アンサンブル斗為巾とワークショップに参加する小・中学生によるコンサートが12月21日、舞鶴市浜の総合文化会館小ホールで開かれる。箏の演奏が初めてという参加者たちが、発表に向け練習に取り組んでいる。来場を呼びかけている。
 箏の音色を聞く機会の少ないことから、子供と大人の演奏者でつくる箏アンサンブル斗為巾(立道明美代表)が、府の次世代等古典芸能普及促進の補助を受け企画した。
 ワークショップの公募に応じた小・中学生の16人が、9月から東と西地区に分かれて練習を始めた。「ord.(オルド)」のグループ名で出演する。
 白糸中3年の河野希望(のぞみ)さん(15)は「私が中1だったとき、演奏している3年生をみてやってみたいと思いました。みんなと音を合わせきれいな音で演奏したい」と話している。
 午後1時から開演。曲は「黒髪」「君をのせて」や映画音楽メドレー、最後に「歓喜の歌」を全員で合奏する。入場料500円。 【問い合わせ】電話090・3997・8477、立道さん

写真=練習に励む小・中学生たち