1100種 見頃迎える すとろべりぃあいすバラ園 ローズフェスティバル開催中【舞鶴】

1100種 見頃迎える すとろべりぃあいすバラ園 ローズフェスティバル開催中【舞鶴】

投稿日時:2015年6月2日

1506022

舞鶴市福来の「すとろべりぃあいすバラ園」で、ローズフェスティバルが開かれている。バラの品種は1100種で国内では2番目の数を誇る。多くのバラが鮮やかな色の花を咲かせ、見頃を迎えている。6月21日まで。
 今年は気温が高く、5月下旬頃に八重咲きのサンダース・ホワイトなどの遅咲き品種が咲き、早咲き品種の2番花も咲き始めている。
 園内では、7000万年前の地球上最古のバラでヒマラヤ山麓に自生するロサ・シノウィルソニーが3年に一度の花を咲かせている。ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは花弁数100枚以上の真紅のバラで、クリムソン・グローリーはダマスクの香りが漂う。印象派の画家の名が付くピサロ、モネ、マチス、シスレーは絵画のような複色が充実している。
 期間中は、当日から使える500円券が当たるクイズラリー、ローズティーやランチが楽しめるオープンカフェ、福引プレゼント、栽培講習会(7日午前11時~)、ローズブーケ作り体験(14日午前11時~)、アレンジメント作り体験(21日午前11時~)などがある。入園料は大人300円、小人100円。期間中は無休で、午前10時~午後6時。
【問い合わせ】電話77・1267、同園

写真=鮮やかな花を咲かせている園内のバラ