10月20日、舞鶴市民吹奏楽団定期演奏会 賛助出演の丹後の楽団と初の合同リハーサル  【舞鶴のニュース】

10月20日、舞鶴市民吹奏楽団定期演奏会 賛助出演の丹後の楽団と初の合同リハーサル  【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年9月24日

0209241

舞鶴市民吹奏楽団(吉田登団長)は9月22日、創設10周年を記念した第10回定期演奏会に向けて、演奏会場の浜の総合文化会館大ホールで、賛助出演する丹後吹奏楽団(松本経一団長)と初の合同リハーサルを行った=写真。定期演奏会は10月20日午後2時から開催され、両楽団合わせて総勢約110人の団員が,迫力あふれる合同演奏を発表する。
 舞鶴市民吹奏楽団は、平成4年9月に、市民の音楽文化の向上を狙いに、市内のアマチュアの楽器奏者らで結成された。現在、団員は高校生から70代の高齢者まで70人。職業は会社員、自営業者、公務員など様々。
 楽団を結成した翌年の平成5年に第1回定期演奏会を開いて以来、毎年1回演奏会を開催している。同9年の第5回定期演奏会では、楽団結成間もないころから、指導を受けている日本吹奏楽指導者協会の前会長、秋山紀夫さんとの縁で、秋山さんが常任指揮者を務める埼玉県大宮市(現さいたま市)の市民吹奏楽団を招いて合同演奏を行った。
 団員に演奏のレベルアップへの励みとなるよう他都市の吹奏楽団との合同演奏を行い、今回も交流を続ける丹後吹奏楽団を招いた。演奏会では、第1部で市民吹奏楽団が朝鮮半島の平和を願ってつくられた「インチョン」、第2部で丹後吹奏楽団が「ウルトラマンメドレー」などを、それぞれ演奏する。第3部では秋山さんの指揮で、「ディズニーメドレー」などを合同演奏する。
 入場料は、500円(ただし、保護者同伴の小学生以下は無料)で、全席自由。チケットは総合文化会館、市民会館で購入できる。

【問い合わせ】電話75・2512、市民吹奏楽団事務局のメガネサロン・吉川さん。