(社)舞鶴青年会議所、設立50周年迎え 五老岳山頂公園にシダレザクラ記念植樹 【舞鶴】

(社)舞鶴青年会議所、設立50周年迎え 五老岳山頂公園にシダレザクラ記念植樹 【舞鶴】

投稿日時:2006年4月18日

0604181
写真=シダレザクラに土をかける土井理事長(右)ら

社団法人・舞鶴青年会議所(土井博司理事長、会員66人)が、設立50周年を迎え、4月15日、五老岳山頂の公園で、シダレザクラ1本の記念植樹をした。約20人の会員が見守る中、市民や観光客を美しい桜の花で迎えようと、土井理事長らが土をかけた。同22日には記念式典が開かれる。同会議所は明るい豊かな社会の実現を目指し、1956年に設立。20歳~40歳までの青年企業家らが加入し、毎年チビッコソフトボール大会をはじめ、地球市民の意識を育てるジュニアワールドゲーム、国際文化サロンなどを開催してきた。今年度は50周年を記念して「立志」のテーマのもと、地域への感謝や次代を担う子供たちの育成を基本方針に活動する。シダレザクラは若木ですでに花が付いている。同山頂公園の五老スカイタワー近くの第2駐車場近くの一角に植えた。20周年記念の時にも同公園にトチの木を植樹した。土井理事長は「今後も舞鶴の地で根をはやして活動していく決意を表すため、一番いい場所に植樹できた」とあいさつし、元木専太郎副理事長とともに、会員らの「大きく育てヨイショ、ヨイショ」の掛け声とともにスコップで土をかけた。