高級魚ノドグロなど 初セリに活気−底引き網漁解禁

高級魚ノドグロなど 初セリに活気−底引き網漁解禁

投稿日時:2016年9月9日

d40a3f2e4b8390182664987aa15eff5e
    セリ落としていく仲買人たち
ca1a9cd85b83f615acc0d6d1c0a3afb0
         セリの様子
3dc1c744e0f8aa866e9bcb52da43b124
         セリの様子

 底引き網漁業が9月1日解禁され、舞鶴の底引き網漁船5隻が出漁し舞鶴港から約3時間かかる経ヶ岬沖(京丹後市)の漁場で漁を行った。
 9月2日には下安久の舞鶴地方卸売市場で、水揚げされた魚の初せりが行なわれ、高級魚のノドグロ(赤ムツ)など、独特な掛け声と目にも止まらぬスピードで仲買人たちが次々とせり落としていった。主に京阪神などに向け出荷される。
 今年は台風の影響で思うような漁ができず、水揚げ総量は昨年の初日より1トン以上少ない約2.2トン。ノドグロは昨年の約3分の1となる約418キロだった。このほかササカレイ164キロ、アンコウ34キロなど。セリ値の最高はノドグロ1箱9,600円、アンコウ1箱4,100円、ササカレイ1箱2,700円となった。
 ノドグロは近年人気を集め、プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が全米オープン準優勝の際に「ノドグロとかあったら食べたい」と発言したことから人気に火が付き、都心部を中心に品薄状態となっている。
 府漁協販売部の佐戸慶太次長は「昨年よりノドグロの水揚げが少なかったが、サイズは例年どおり。これから魚は脂が乗っておいしくなるので、舞鶴の魚を味わってほしい」と語った。
 今年も当地が誇る海の味覚は街ににぎわいをもたらしそうだ。