飛躍の年へ 羽ばたく舞鶴の翼ー各地で新春行事 抱負を願うー

飛躍の年へ 羽ばたく舞鶴の翼ー各地で新春行事 抱負を願うー

投稿日時:2017年1月6日

4cb190159e43c4f338265bd3322cd231
     たくさんの参拝客でにぎわう白絲濱神社
b2dfa6d5d37006e863a581f84f20dab7
       大森神社へ初詣に訪れる参拝客

 大晦日から年始にかけて、初詣客が市内各地の神社を訪れ、家内安全や学業成就など思い思いの抱負を願った。
 浜の白絲濱神社では、元日に「歳旦祭」が行われ、多くの人が訪れた。家族3人で訪れた岡安亮治さん(37)は「みんな元気で仲良く幸せに過ごしたいですね」とほほ笑んだ。
 森町の彌加宜(みかげ)神社(通称=大森神社)ではお神酒を振る舞うなど参拝者でにぎわった。家族で訪れた山野井力さん(36)は「家族が健康で、子どもが元気良く過ごせればと思います」と身を引き締めた。
 朝代の朝代神社では元日に、毎年恒例の舞鶴西新春年賀会(舞鶴商工振興会・舞鶴西自治連合会共催)が開催され、多々見良三舞鶴市長をはじめ、府議や市議、商工振興会会員、自治会関係者など約100人が参加した。
 商工振興会の尾関善之会長は「酉年にあやかり、大きく飛躍する一年にしたい」と主催者あいさつを述べた。
 祝辞を述べた多々見市長は、年末に北陸新幹線舞鶴ルートが採用されなかったことに触れ「まだまだ諦めていない、手を尽くして出来る事は何でもやっていきたい」と抱負を語った。