韓国の伝統芸能「サムルノリ」を楽しもう 民団舞鶴支部がサークル活動再開、参加者募る【舞鶴】

韓国の伝統芸能「サムルノリ」を楽しもう 民団舞鶴支部がサークル活動再開、参加者募る【舞鶴】

投稿日時:2007年8月24日

0708242
【舞鶴】

 韓国の伝統芸能サムルノリを一緒に楽しもうと、在日本大韓民国民団京都府舞鶴支部(金榮吉支部長)は、チャング(鼓)など4種類の打楽器の演奏をする参加者を募っている。年齢や国籍は問わないメンバー構成でサムルノリサークルの活動を再開し、文化を通して両国の市民交流を図る場にしたいとしている。  サムルノリは朝鮮半島の舞踊の農楽がルーツで約1600年の歴史を持ち、豊作に感謝して演じられるなどした。その後、演奏家グループ「サムルノリ」がケンガリ(鉦)とチン(どら)、プク(太鼓)、チャングの民族楽器を使って、農楽をもとにダイナミックな新しい音楽スタイルを生み出し、グループ名がそのまま音楽の1ジャンルを指すまでになった。  舞鶴の在日コリアンで組織する同支部は、3、4世の子供たちに韓国の伝統文化に触れるとともに、市民との交流の機会になればと、在日のメンバーでサムルノリサークルを結成。今春から練習を重ねて5月27日の田辺城まつりで初披露した。その後、しばらく活動を小休止し、新たに国籍を問わずにメンバーを募集して活動を再開することにした。  練習日程は8月29日午後7時から第1回目、2回目は9月2日午前10時から。次回以降については今後決める。会場は上安の韓国人会館。会費は中学生以上が月300円。
【問い合わせ】電話75・1150、民団舞鶴支部。

写真=5月の田辺城まつりでサムルノリを披露したメンバー

【舞鶴】