関西学院大学同窓会 京都北部支部設立 より深い繋がりを【舞鶴】

関西学院大学同窓会 京都北部支部設立 より深い繋がりを【舞鶴】

投稿日時:2013年11月26日

1311262

関西学院大学同窓会の京都北部支部が11月17日に設立され、円満寺の舞鶴グランドホテルで設立総会が行われた。北部支部は舞鶴市、綾部市、福知山市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の5市2町の卒業生在住者、約550人が対象で、設立総会には約70人が出席した。
 昨年11月、東舞鶴高校出身の井上琢智(たくとし)さんの同大学学長就任を祝う席で、北部支部設立案が持ち挙がり、17人の設立準備発起人会によって設立総会が行われる運びとなった。
 総会では、発起人会代表の眞下賢一さんが、同大学の理念である〝マスタリー・フォア・サービス奉仕のための練達・社会貢献〟に基づく、支部設立の趣旨と目的を発表。支部長に眞下さんが選出され、各役員12人とともに承認された。承認後、同窓会の大橋太朗会長から眞下さんに支部旗の贈呈が行われた。
 また、井上学長の「来年創立125周年を迎える関西学院の理念」をテーマにした講演会や、校歌斉唱、エール交歓も行われ、卒業生たちは新支部設立を祝い、親睦をさらに深めた。

写真=支部長になった眞下さん(左)に大橋会長から贈呈された支部旗