配食ボランティア「五和会」 一人暮らしのお年寄りにお餅届ける 【舞鶴のニュース】

配食ボランティア「五和会」 一人暮らしのお年寄りにお餅届ける 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年12月27日

0212271
写真上は出来上がった餅を丸める会員たち

 ボランティアグループ「五和会」(滝口不三子会長、25人)は12月23日、舞鶴市伊佐津の滝口会長宅で、会員たちが餅をついて一人暮らしのお年寄りに届けた。歳末恒例のボランティア活動で、今年で25回を数えた。
 五和会は、ボランティア・スクールを修了した滝口会長ら5人で昭和53年に結成。明倫校区の65歳以上の一人暮らしのお年寄りに、民生委員と協力して、月1回弁当を届け、安否確認する配食ボランティアを続けている。また、結成当初に、一人暮らしでお餅も食べられないお年寄りのいることを知り、自分たちでついた餅を届けはじめた。
 会員たちは、前日に42キロのもち米を洗って準備。電気餅つき機で出来上がった餅を、鏡餅用や丸餅にした。この餅をパックに詰め、ミニチュアの門松と「温かくしてお体に気をつけてください」と書いた手紙を添え、福祉施設のヘルパーと会員たちがお年寄り宅に届けた。