還暦記念にコンサート 舞鶴音楽隊時代からソロ続ける 稲垣さん、ゲスト招き 13回目の「のらりクラリネット」 12月11日 総合文化会館 【舞鶴】

還暦記念にコンサート 舞鶴音楽隊時代からソロ続ける 稲垣さん、ゲスト招き 13回目の「のらりクラリネット」 12月11日 総合文化会館 【舞鶴】

投稿日時:2010年11月30日

1011301

40年以上クラリネットを演奏する団体職員の稲垣孝さん(59)=北吸=が、海上自衛隊舞鶴音楽隊の隊員時代から続ける「のらりクラリネット」の演奏会が13回目を迎える。ソロだけでなくアンサンブルも作って、各地のイベントに出演し音楽を楽しんでいる。今回は還暦記念のコンサートと銘打たれ、12月11日午後3時から浜の総合文化会館小ホールで開かれる。入場無料。  中学校吹奏楽部でチューバ、高校ではサックスを演奏していたが、1969年に入隊した舞鶴音楽隊でクラリネットに転向した。隊員としての演奏に励んだが、一市民としてソロで発表することで若い隊員へ新しい活動を広げる道筋になればと、95年第1回目の演奏会を企画した。  転勤した東京音楽隊時代を除き毎年続けている。2回目からはピアノ伴奏に、下福井のピアノ講師、内藤祐貴子さんとコンビを組み、多彩なゲスト奏者を招き共演もしてきた。  04年定年退官後も旺盛な活動を行う。舞鶴や綾部などの市民でつくるMAF管弦楽団の活動のほか、アンサンブルやソロなどで出演する。最近では来年の国民文化祭に向けて市民で結成された舞鶴選抜楽団の一員に。海上保安学校の吹奏楽部を指導し、地域の音楽文化の向上にも努める。 12月10日の誕生日翌日に還暦コンサートを開く。ピアノに内藤さん、ゲストにGDP Allstarsを迎え、「なごり雪」などを奏でる。稲垣さんは「最初は本格的なクラシックの曲に挑戦し、いまではジャズやポピュラーなどに広がりました。いつまで続けられるかなあと毎年言っていますが、クラリネットの北村英治さんにあやかって80歳ぐらいまでやりたい」と話す。  整理券は市内の楽器店などで扱っている。
【問い合わせ】電話090・8858・5146、稲垣さん
写真=ピアノ伴奏の内藤さんと練習する稲垣さん