躍動 ダンスバトルに声援 「西舞鶴100円商店街」で初開催【舞鶴】

躍動 ダンスバトルに声援 「西舞鶴100円商店街」で初開催【舞鶴】

投稿日時:2014年10月3日

1410032

西地区商店街一帯で9月28日、「西舞鶴こうちゃった100円商店街&グルメフェスタ&ダンスバトル2014」が開催された。初めてストリートダンスの競技会も行われ、商店街の各店舗が100円で提供するサービス品やご当地グルメなどで、家族連れらが買い物や食事、イベントを楽しんだ。
 商店街ににぎわいを創出しようと、新世界、マナイ、平野屋、中央、広小路の5商店街の振興会などでつくる実行委員会が主催し、今年で5回目。マナイの西市民プラザでは、North Kansai street協会の協力で、ダンスバトル「OVER THE WALLin舞鶴」が開催された。
 舞鶴や福知山、兵庫県丹波市などの団体でつくる同協会は、北近畿のストリートダンスの発展やレベルアップを目指し、各地の子供たちが繋がることを目的に活動している。
 同ダンスバトルは各地域で年間5回予選大会が行われており、総合ポイント上位16人が来年のチャンピオン大会に出場できる。この日の舞鶴予選には、府北部などからU―15(16歳未満)の部に14人、一般の部に24人が出場。1人45秒の持ち時間で1対1のトーナメント戦が行われ、3人のジャッジが採点を行った。
 参加者たちはDJの演奏に合わせ、それぞれが得意とするヒップホップやブレイク、ロックダンスなどでポイントを競い合い、集まった多くの観客から声援が贈られていた。
 同協会に所属する「M.F.P’sync」(舞鶴)のkazpさん(28)は「100円商店街に訪れた人たちにも見てもらえて、出場した子供たちも楽しんでいた。ダンスだけでなく、相乗効果で街全体が盛り上がっていってほしい」と話していた。次回はえびす市の11月22日に、同プラザでダンスコンテストを開催する。

写真=フリースタイルのストリートダンスで1対1の対戦をするU―15の部の出場者たち