赤れんがパーク5号棟で 4月25、26日 鉄道フェスタ開催 Nゲージやプラレール 大ジオラマで体験【舞鶴】

赤れんがパーク5号棟で 4月25、26日 鉄道フェスタ開催 Nゲージやプラレール 大ジオラマで体験【舞鶴】

投稿日時:2015年4月24日

1504243

北近畿鉄道友の会が企画した「赤レンガ鉄道フェスタ2015」(舞鶴観光協会主催)が4月25、26日に北吸の赤れんがパーク5号棟で開催される。午前9時から午後5時(26日は午後4時まで)。入場料は3歳以上1日100円(再入場可)、2歳以下無料。
 今年はNゲージのコーナーに、同友の会の嵯峨根八郎事務局長が西地区の市街地を参考に半年かけて作成したジオラマが登場し、2台のコース(4メートル×1・8メートル)で運転体験(5分100円)ができる。抽選に当たると、1周18メートルのコースで16両編成のN700系新幹線などの運転を10分間無料体験できる。
 プラレールのコーナーでは、三重県の亀鈴(きれい)プラレールクラブ「こまち」が、府北部で初となる全長約1・2キロのレールを使った大ジオラマを作成。赤れんがの建物など東地区の街も再現され、自分のプラレールを持ち込んで走らせることができる。大人が中に入れる32段のレールを積み上げた高さ2・8メートルのタワーもある。
 ほか、ミニ新幹線体験乗車(100円)や鉄道グッズの販売、京都丹後鉄道のPRコーナーなど。
【問い合わせ】電話66・1035、智恵蔵

写真=西地区市街地を参考にしたNゲージのジオラマと作成した嵯峨根さん