赤れんがパーク 観光案内の拠点に 2号棟 新・案内カウンター 3号棟 土産コーナー拡充【舞鶴】

赤れんがパーク 観光案内の拠点に 2号棟 新・案内カウンター 3号棟 土産コーナー拡充【舞鶴】

投稿日時:2014年7月18日

1407183

1407184

 「海フェスタ京都」(7月19日から8月3日)に向けて、北吸の赤れんがパーク2号棟のインフォメーションカウンターが7月11日に全面リニューアルされた。42インチの大型ディスプレーで観光名所を紹介し、案内板に遊覧船やまち歩きツアーなどの情報を掲載していく。
 舞鶴観光協会が、市、パーク、海の京都エリアの情報をまとめて紹介できるようにと、改修を行った。背景は白と黒を基調にし、カウンターには花の形をデザインしたフラワータイルが使われている。
 大型ディスプレーでは、パーク内のイベントやキッチンカーなどの飲食店情報も紹介し、案内板では、かまぼこづくり体験などの開催情報を掲載。予約の受け付けも一部行う。東側にはチラシなどを陳列する大型のインフォメーションスタンドも設置された。
 また、3号棟・智恵蔵1階のお土産コーナーも売り場面積が約1・5倍拡充された。舞鶴の特産品やお菓子、自衛隊や海上保安庁のグッズに加え、天橋立のワインなども並び、府北部全域のお土産が販売される。
 舞鶴観光協会の齋藤友幸会長(64)は「赤れんがパークを、府北部の中心拠点となる施設にしていきたい」と話していた。

写真左=大型ディスプレーなどを設置し、リニューアルされた2号棟の案内カウンター
写真右=売り場面積が広くなった3号棟1階のお土産コーナー