赤れんがジャズミュージアムに期待寄せる 世界的ジャズピアニスト山下洋輔さんら見学に【舞鶴】

赤れんがジャズミュージアムに期待寄せる 世界的ジャズピアニスト山下洋輔さんら見学に【舞鶴】

投稿日時:2007年11月20日

0711201
【舞鶴】

 世界的なジャズピアニストの山下洋輔さんとトリオのメンバーが11月15日、先月開館した北吸の赤れんがジャズミュージアム(市政記念館内)と、建築家の祖父の啓次郎氏が設計した各地の刑務所の煉瓦展を見学した。日本のジャズが積み上げてきた歴史を伝える施設にとミュージアムへ期待を寄せた。  ミュージアム開設を記念し、赤煉瓦倶楽部舞鶴(馬場英男理事長)がこの日、市政記念館でライブを主催したのに合わせ、出演する山下洋輔ニューヨークトリオのメンバーらが見学した。赤煉瓦サマージャズ祭に出演した山下さんは、国立音大の卒業制作の曲の楽譜などをミュージアムに寄贈し協力している。  馬場理事長の案内で米軍の進駐軍が聴いたVディスクや楽器、楽譜、雑誌などの資料を一つ一つ見て回った。山下さんは「先輩たちはここにある楽譜などを見て演奏してきたんだなあと分かり、日本のジャズの黎明期を伝える視点がしっかりした展示となっている。この施設が次第に大きくなれば」と話した。  また、市役所一階で開催中の法務・刑務施設煉瓦展で、明治・大正期に司法省所属の山下啓次郎氏の設計した千葉刑務所などの煉瓦を見学。山下さんは祖父は明治政府の役人だったとしか聞かされておらず、「鹿児島で監獄が壊されると地元の人と話した際、ここを祖父が設計したことを聞き、初めて建築家だったと知った」と、煉瓦を通し亡き祖父に対面した。

写真=展示されている楽譜を見る山下さん(右)

【舞鶴】

【舞鶴】