講座修了者7人ら1年間の成果披露 2月15日まで智恵蔵でろうけつ染め作品展【舞鶴】

講座修了者7人ら1年間の成果披露 2月15日まで智恵蔵でろうけつ染め作品展【舞鶴】

投稿日時:2009年2月10日

0902102

まいづる智恵蔵主催のろうけつ染め講座を修了した受講生たちが出品した作品展が、2月15日まで北吸の智恵蔵で開かれている。1年をかけて学んだ7人が、様々な図柄の暖簾や風呂敷などの作品11点でその成果を披露している。指導した大津市の染色家、岡田明彦さんの新作など4点も並ぶ。  日展などに入選し作家として活躍する岡田さんの個展が昨年1月に開かれ、ろうけつ染めが体験できるワークショップが好評だったため、智恵蔵が講座を企画。昨年4月から計13回の教室が開かれ、課題に沿ったモチーフを染めたり、自由課題に取り組んだ。  ろうけつ染めは広い場所や材料の確保などが難しく、個人で趣味として取り組む人は少なく、同じ理由で教室もほとんど開かれていないという。今回は赤煉瓦倶楽部舞鶴の協力で智恵蔵や隣接する2号倉庫を会場に実現した。受講生らはろうけつ染めを完成させるまでの工程を肌で覚え、花やチョウなどの図柄を取り入れた暖簾や風呂敷、ストールなどを仕上げて展示している。  岡田さんは「途中で修正がきかないろうけつ染めを、1年間の短期間でここまでできるようになったのはすごいことです。この基礎の上に創作が広がるので今後も継続してほしい」と話していた。期間中、染色グッズも販売している。  ろうけつ染め講座は4月からも新しく開講する。初心者向きの初級コース、今年度修了した人を対象とした中級コース。受講料は1回4000円。講座は全12回。
【問い合わせ】電話66・1035、智恵蔵。

写真=講座を修了した受講生たちが制作した暖簾の作品

【舞鶴】