西田君(城南中3年)が2年連続優秀賞 立命館孔子学院・中国語スピーチコンテストで【舞鶴】

西田君(城南中3年)が2年連続優秀賞 立命館孔子学院・中国語スピーチコンテストで【舞鶴】

投稿日時:2008年12月24日

0812242

小学校時代に中国留学の経験があり、中国語の堪能な城南中学3年、西田聡君(15)=公文名=が、このほど京都市の立命館大学朱雀キャンパスで行われた第3回中国語スピーチコンテスト(立命館孔子学院主催)の高校生以下の部に出場、2年連続優秀賞を受賞した。  同コンテストには、全国の応募者の中から、テープによる1次審査を突破した16人が出場した。中学生は西田君だけで、残る14人は高校生、1人は小学生。出場者は、詩文の字句を練りなおすことを意味する指定原稿「推敲」の暗唱と自己紹介を中国語でスピーチした。  西田君は、昨年を越える最優秀賞をめざしてスピーチ。審査員からは、ありきたりの自己紹介でなく、もっと中国留学の経験などを交えて話せば得点が良かったとの評を受けたという。「悔しかったですが、中国語の奥深さを知り、さらに勉強の意欲がわきました」と話していた。

写真=優秀賞を受賞した西田君

【舞鶴】