舞鶴東・舞鶴RC「五老岳花回廊づくり」 山頂散策路にツツジ300本植樹【舞鶴】

舞鶴東・舞鶴RC「五老岳花回廊づくり」 山頂散策路にツツジ300本植樹【舞鶴】

投稿日時:2004年3月30日

0403303

舞鶴の名所、五老岳の花回廊づくりを進める舞鶴東ロータリー(高橋行雄会長)と舞鶴ロータリー(土井永一会長)の両クラブは3月28日、同岳山頂の散策路で、第5回植樹会を行い、会員らがツツジ300本を植樹した。
 両クラブでは、平成12年4月から社会奉仕活動の一環として、市民や観光客らが多数訪れる五老岳を花で迎えようと、花回廊づくりをスタート。昨年まで3年間かけて、五老岳ドライブウエーの登り口から頂上まで、延長約3キロの道路沿いにレンゲツツジ3200本を植樹した。
 これで当初の計画は完成したが、今年から頂上の散策路にも延伸して植樹することを決め、この日植樹会を開いた。
 植樹会には、両クラブの会員や地元の人たちら約30人が参加。高橋、土井両会長のあいさつに続いて、参加者らが高さ60センチの橙色の花のカバレンゲ、黄色の花のキレンゲのツツジを植樹した。散策路の植樹は、3年かけて完成をめざしている。
写真=植樹する高橋、土井両会長