舞鶴出身 全盲のシンガーソングライター 福本さんの里帰りコンサート 8月10日、総合文化会館で 懐かしい人とも出会える場に【舞鶴】

舞鶴出身 全盲のシンガーソングライター 福本さんの里帰りコンサート 8月10日、総合文化会館で 懐かしい人とも出会える場に【舞鶴】

投稿日時:2013年7月30日

1307302

舞鶴出身の全盲のシンガーソングライター、福本淳(きよし)さん(43)=大阪市=が、13年ぶりの里帰りコンサートに向け準備をしている。8月10日午後2時から浜の総合文化会館小ホールで開く。
 先天性の視覚障害を持ち、15回に及ぶ手術をした。目の状態によって中筋小学校、盲学校舞鶴分校、城南中学校などを繰り返し転校した。音楽や歌うことは元々好きで、目のコンディションに関わりなく音楽に接することができた。
 15歳で音楽の進路に向けた準備のため、京都市の府立盲学校で学びながら声楽のレッスンなどを受けた。19歳で全盲となるが心身のリハビリのため、演奏のボランティア活動を開始した。
 大阪芸術大学声楽コースを卒業後、自作の曲を中心にしたピアノの弾き語りの演奏活動を続ける。その一方、ヒーリングスタジオを開設し、障害者向けの音楽指導や発表会も開いている。ラジオ番組への出演、全国の学校などでコンサートを開くなど幅広い活動をする。
 保育園児から高校1年までの3児の父親。子育ての体験や自然などへの想いを歌にしている。福本さんは「ふるさとはほっとする場所。コンサートは懐かしい人とも出会える場にもしたい。たくさんの人に生の音楽を聴いてもらえれば」と話している。
 チケットは前売り一般2,000円(当日500円増し)、小学生以下1,000円(当日も)。同館で販売している。
【問い合わせ】電話06・6359・5024、ケーエスインターナショナル

写真=ピアノの弾き語りをする福本さん