舞鶴ネイチャーガイドの会がポストカード 53種類1セットにして「多彌山の草木」 【舞鶴】

舞鶴ネイチャーガイドの会がポストカード 53種類1セットにして「多彌山の草木」 【舞鶴】

投稿日時:2009年5月19日

0905192

舞鶴商工会議所など主催のネイチャーガイド養成講座の卒業者でつくる「舞鶴ネイチャーガイドの会」(阿部国生会長、会員20人)が、ポストカード「多彌山の草木」=写真=を作成した。カードは53枚1セットで、各品種ごとに草木のカラー写真と解説文を掲載している。同会は、舞鶴の豊かな自然を紹介するネイチャーガイドを目指して、養成講座の初、中、上級コースの3年間の受講を修了した卒業者で結成。ネイチャーガイドの活動として、大浦自然公園内の多彌山に自生する植物を紹介するため、カードを作成した。カード作成に向けて、多彌山の自然観察を行い、草156種類、木122種類を確認。この中からシハイスミレ(スミレ科)など草31種類、ヒュウガミズキ(マンサク科)など木22種類のカードを作った。花の写真とともに特徴などを記した解説文、さらに花の咲く時期を1~12月の数字に色を付けて示している。同会では、多彌山や周辺の野山の散策をするとき、このカードを見ながら自然に親しんでほしい、また、今後、さらに他種の草木も加えて、カードを充実させたいとしている。ポストカードは500セット作成、希望者には一セット1000円で販売している。販売場所は市商工観光センター、市役所観光商業課内の舞鶴観光協会。
【問い合わせ】電話64・6800、市商工観光センター