舞鶴の豊かな自然環境を紹介 市と市民スタッフ協働でデータブック【舞鶴】

舞鶴の豊かな自然環境を紹介 市と市民スタッフ協働でデータブック【舞鶴】

投稿日時:2008年2月29日

0802292
【舞鶴】

舞鶴市は、市民スタッフとの協働で、舞鶴の豊かな自然を紹介する環境啓発冊子『舞鶴の守りたい自然~自然環境データブック~』を作成した。多くの市民に舞鶴の魅力を知ってもらい、自然環境の保全を進めたいとしている。  冊子の作成には、公募した市民スタッフ31人が協力。また、市民から寄せられた意見117件を参考に、市民スタッフが、延べ50回の現地調査を重ね、掲載内容を決めた。景観・地形・地質編、植物編、動物編に分かれ、市民が残したい自然環境や絶滅の恐れのある動植物など197項目を紹介している。  景観・地形・地質編では、田井地区の透明度の高いエメラルドグリーンの「澄んだ海」(水ケ浦)など37項目。植物編では、青葉山の岩場に生える固有植物で、環境省の絶滅危惧2類の「オオキンレイカ」など70項目。  動物編では、河口の汚染で絶滅の危惧がある淡水魚「カマキリ」(アユカケ)のほか、身近な「マアジ」「ブリ」など90項目を掲載ている。また、各項目には、「なるほど豆知識」として、市民スタッフによる解説も付記されている。  冊子は、A5判、フルカラーの134ページで、A2判の地図が付いている。1300部作成、東西図書館、各公民館などに配布した。また、市役所情報公開コーナーや西支所、加佐分室などで一部600円で販売する。
【問い合わせ】電話66・1005、市生活環境課

写真=自然環境データブック作成に協力した市民スタッフ

【舞鶴】