細川幽斎のイメージキャラ決まる 舞鶴高専・菅野さんの「ゆうさい くん」 【舞鶴】

細川幽斎のイメージキャラ決まる 舞鶴高専・菅野さんの「ゆうさい くん」 【舞鶴】

投稿日時:2010年9月14日

1009143

 舞鶴商工会議所青年部(清水勝司会長)が、市民から公募した地元ゆかりの戦国武将・細川幽斎のイメージキャラクターが決まった。行永東町の舞鶴高専2年、菅野綾夏さん(16)の作品をもとにした「ゆうさい くん」=写真=で、11月にはキャラクターの着ぐるみをつくりお披露目する。  細川幽斎(1534~1610)は、戦国時代に丹後国を治め、田辺城を築城した初代城主で、歌人としても知られる。今年没後400年を迎えることから、同青年部が創立30周年記念事業「まちおこしプロジェクト」として、舞鶴の城下町としてのイメージを発信することなどを目的に、キャラクターを公募した。  作品は4歳から86歳の205人から230点の応募があった。選考の結果、菅野さんの作品が、「親しまれやすく愛嬌がありながら、城下町の開拓者のイメージや歌人として活躍された文化人としてのイメージを合わせ持っているデザイン」と評価され、最優秀作品に選ばれた。  歌人をアピールするため筆を持たせるなど、一部手を加えた「ゆうさい  くん」は、坊主頭に家紋の入った羽織を着た姿になっている。  応募作品は9月18日、北田辺の市民会館で開催される細川幽斎公没後400年記念事業「細川佳代子講演会」の会場に展示される。