空へ向かって願いを サンムーンで錢谷さん作品展【舞鶴】

空へ向かって願いを サンムーンで錢谷さん作品展【舞鶴】

投稿日時:2016年4月19日

7b8263d2323409b7b59f7188ca7fb3f2

スペイン在住の画家、錢谷嘉康さんの個展が、舞鶴市浜のギャラリー・サンムーンで開かれている。「漂い」をテーマに海の中から空へ向かう願いが、無駄な表現を一切省いた抽象的な画面に込められている。4月24日まで。
 錢谷さんは陶芸を学んだ後、独学で絵の道に入った。1990年にスペインに渡り、創作活動を続ける。祈りを込めた心象風景の絵は静かで、見る人の心に語りかける。また、スペインの風土と透き通った蒼い空までも伝わる。現在は北フランス国境近くのコスタ・ブラバの村に住み、秋から春に日本に戻り作品を発表している。
 スペインの顔料をペインティングナイフで積み重ねて凹凸を出し、最後に筆で薄く何度も色を塗り、深い色を出す。今回は海の中を漂っているイメージや、ミモザの黄色い花が咲き乱れるスペインの春を描いた14点を展示した。
 錢谷さんは「生きていく中で漂うことはあっても、目標を見失わずにいてほしいとの願いを作品に託した」と話している。4月23、24日は画廊に滞在する。入場無料。【問い合わせ】電話63・4858、サンムーン。

写真=心象風景を描いた絵と錢谷さん