真倉・後野さんの畑で どうやってできたの!? 不思議な形のサツマイモ 近所の人もびっくり【舞鶴】

真倉・後野さんの畑で どうやってできたの!? 不思議な形のサツマイモ 近所の人もびっくり【舞鶴】

投稿日時:2014年10月17日

1410172

舞鶴市真倉の後野曻さん(81)の畑で、バネのような螺旋状になったサツマイモが出来上がった。近所の人たちの間で「どうやってできたのか」と謎を呼び、話題になっている。
 数年ぶりにサツマイモを栽培しようと、後野さんは5本の苗を購入し植えた。4本の株には普通の形のサツマイモがついていたが、1本だけが大きなサツマイモが1個ついていた。
 高さ約30センチだが、バネのようにぐるぐると巻いており、計測すると1・1メートルあった。重さは約4キロ。近所の農家にも見てもらうと、一様にびっくりしている。
 後野さんは「どうしてこんな形になったのか。自然は面白い。当分は食べずに置いておきます」と不思議がっていた。

写真=螺旋状をしたサツマイモ