白糸中、昭和28年卒同窓会 市内外の86人が50年ぶりに旧交温める 【舞鶴のニュース】

白糸中、昭和28年卒同窓会 市内外の86人が50年ぶりに旧交温める 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月7日

0310071

白糸中学校を昭和28年3月に卒業した人たちが10月3日、浜の旅館「松栄館」で、50周年同窓会を開催した。卒業してから初めての同窓会。50年ぶりに再会した級友らは、当時の中学生に戻って懐かしい記憶を蘇らせていた。
 同校第5回の卒業生で、7クラスで330人。これまでクラスごとに同窓会は開いていたが、同学年で集まるのは初めてとなった。今年が卒業して50年の区切りを迎えたことから企画。28人が発起人となって呼びかけ、市内をはじめ長崎や東京などからも86人が出席した。
 この日、記念写真の撮影の後、発起人の1人の西村昌己さんが開会のあいさつ。続いて全員で乾杯して旧交を温めた。出席した田主一男さん(65)=溝尻中町=は「西宮へアメリカ博覧会を見に行ったのが思い出」、森川秀子さん(同)=南浜町=は「再会して顔を見ても半分以上が分からなかったが、話しているうちに当時のことを思い出した」と話していた。
写真=乾杯する同窓生たち