田中さん(木ノ下)の畑に「おばけカサブランカ」 1本の茎にたくさんの花咲かせる【舞鶴のニュース】

田中さん(木ノ下)の畑に「おばけカサブランカ」 1本の茎にたくさんの花咲かせる【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年7月15日

0307151

木ノ下の田中芳枝さん(81)の畑で、一本の茎にたくさんの花を咲かせたおばけカサブランカが五本並び、花を見に来た人たちを驚かせている。茎の上にはまだ50以上のつぼみがあり、たくさんの花はあたりにいい香りを放っている。
 田中さんが3年前、ユリ科のピンクカサブランカ(正式名ネチューノ)の球根を9個購入し、畑に植えた。日陰になった場所でよく育ち、肥料をやるだけで特に世話はしていない。
 2年間はふつうのユリのように1本の茎に10個ほどのつぼみを付け、ピンク色の大きな花を咲かせた。ところが今年はそのうちの5本が、ふつうはえんぴつのような茎が帯のように平べったくなり、その上に80前後のつぼみを付け、小振りな花を咲かせている。地面から花までの高さは約150センチ。
 田中さんは「あんなのは初めて見た。何の加減でほうけたカサブランカになったのか」と不思議がっていた。
写真=左がたくさんの花とつぼみを付けたピンクカサブランカ。右は普通のもの