海水浴シーズン控え水難救助訓練 舞鶴署が初めて府警本部機動隊と合同で【舞鶴】

海水浴シーズン控え水難救助訓練 舞鶴署が初めて府警本部機動隊と合同で【舞鶴】

投稿日時:2005年6月24日

0506242

海水浴シーズンを控え、舞鶴署は6月23日、三浜の三浜海岸で、初めて府警察本部機動隊と合同の水難救助訓練を実施した。訓練には、舞鶴署員8人と機動隊隊員22人の計30人が参加。海に転落して溺れている人を想定して、機動隊員が船外機付きのゴムボートを使っての救助やアクアラングを装備して水中の捜索訓練を行った。また、救助した人の心肺蘇生法の訓練にも取り組んだ。舞鶴署員は、沖合で溺れている人に浮輪を飛ばすレスキューロケットの発射訓練など人命救助セットの使用要領を確認したほか、救命救急員の資格を持つ機動隊員から人工呼吸や心臓マッサージの指導を受けた。この後、署員もゴムボートでの救助訓練に取り組んだ。

写真=ゴムボートを使っての救助訓練(三浜海岸)