海フェスタ京都 秋篠宮ご夫妻来鶴 式典に出席 赤れんがパークなどを見学【舞鶴】

海フェスタ京都 秋篠宮ご夫妻来鶴 式典に出席 赤れんがパークなどを見学【舞鶴】

投稿日時:2014年7月29日

1407292

 海フェスタ京都の記念式典が7月24日、浜の総合文化会館で開催され、秋篠宮ご夫妻が出席された。ご夫妻は式典後、浜のホテルマーレたかたであった記念祝賀会に出席し、北吸の赤れんがパーク、長浜の京大舞鶴水産実験所を訪問された。
 ご夫妻は前日に福知山市と宮津市、伊根町の観光名所などを視察され宮津市内に宿泊。この日の朝、北近畿タンゴ鉄道(KTR)の天橋立駅から特別車両「丹後くろまつ号」に乗車して舞鶴市を訪れた。
 式典で秋篠宮さまは「地元住民が一丸となって魅力ある観光地域づくりに取り組んでいる府北部地域で開催されますことは誠に意義深いものがあると思います。この催しを通して国民の海に対する関心が更に高まっていくことを願っております」とあいさつ。ステージでは海事関係功労者と全国中学生海の絵画コンクール金賞の表彰式、国重要無形民俗文化財「松尾寺の仏舞」などの披露が行われた。
 午後からは赤れんがパークで開催中の「海の総合展」を見学され、5号棟で神崎の湊十二社の船屋台や引き揚げ関連資料、4号棟2階で全国中学生海の絵画コンクールの作品などを鑑賞。金賞を受賞した大阪府の松原中3年・横山竜太郎さん(14)がご夫妻に作品を説明した。横山さんは「思っていたよりもお2人とも優しく、お話して緊張が和らいだ。紀子さまから『きれいですね』と言っていただきうれしかった」と話していた。
 この後、ご夫妻は京大舞鶴水産実験所で、所長の益田玲爾准教授(魚類心理学)から、ヒラメやカワハギに関する研究について説明を受けた。

写真=赤れんがパーク4号棟2階で全国中学生海の絵画コンクールの金賞を受賞した横山さん(左)の絵画を見る秋篠宮ご夫妻